【伊藤幸弘の子育てアドバイス】#3 荒れ狂う直人が言えなかった本音

2015-01-22

おはようございます。
伊藤 幸弘です。

 

先週に引き続き、
今日も子育ての悩みから、
ひきこもりや非行など、子供の問題行動に
悩んでいる親御さんに役立てる情報を
お伝えしたいと思います。

******************
前回のおさらい
******************

高校を3カ月で退学してしまった直人。

その原因は2つ年上の彼女、
K子にありました。
元カレとの子を妊娠し、
自殺未遂までするほど傷ついていた彼女に
「子どもを産もう」と言い
自室のプレハブに引き込みます。

 

反対する親と、
それに反発して荒れる直人。

 

そんな日々が続く中、
突然K子との連絡が途絶えてしまいます。

 

ますます荒れる直人のもとに
数ヶ月後、K子から1本の電話が入ります。

**************************************
今日のテーマ:荒れ狂う直人が言えなかった本音
**************************************

K子の口から出た言葉

それは、

「子どもを堕ろした」

というものでした。

 

直人は逆上しました。

 

心身ともに傷つくK子を思いやるでもなく
ただひたすら自分の気持ちを言い募り
K子を責めました。

 

そんな直人に対してK子は

「直人とは合わないと思う。
直人はすぐに暴力をふるうし
いつも怒鳴って怒るだけだし・・・
もう別れよう」

と告げます。

直人はその言葉に衝撃を受け、混乱しました。

そして、

「K子は本当は別れたくないけど
親に無理矢理そう言わされているだけだ。
K子の母親がオレたちを別れさせたんだ。」

 

と思い込んでしまいます。

 

その結果、怒りの矛先は
K子の母親に向けられました。

1週間後、直人は電車でK子の家に向かいます。

 

バックの中にタオルにくるんだ包丁をしのばせて・・・。

K子の家に着いた直人は
裏口から侵入し、
台所にいた母親に切りつけます。

 

騒ぎに気付き、様子を見に来たK子にも
襲いかかりました。

幸い2人にケガはありませんでした。

 

その後、近所の通報で駆けつけた警察に
取り押さえられ
署まで連行されました。

直人は泣き続けました。

両親が迎えにきても

「もう頭がおかしくなりそうだ!
病院へ連れて行ってくれ!」

と父親に訴えます。

父親は、必死で病院を探し、
紹介を受けた精神科医のもとへ
直人を連れて行きました。

話を聞いた精神科医は
直人にこう言いました。

 

「君は何も、どこも悪くないよ。
悪いのは君ではなくて親だよ。」

 

医者の言っていることは
確かに正しい意見です。

でも言うべき状況は間違っていました。

医者の言葉を聞いた直人は、
家に帰るなりものすごい形相で

 

「おれがこんなに苦しんでいるのは
全部お前らのせいだ!」

 

と怒鳴り家中のものを壊し続けました。

 

連絡をもらった僕が駆けつけた時、
直人は荒れ狂っていました。

 

「大変だったなあ。
ご両親から話は聞いてるよ。
ごくろうさん」

 

僕の言葉に直人の動きが一瞬止まる。

すかさず僕は直人を抱きしめて

「よかったなあ。
いつも直人のことを思っている、
こんないいお父さんとお母さんがいて。

誰に裏切られても
おまえには帰ってくる場所も
頼れる人もいるじゃないか」

 

と話しかけました。

我に返った直人は、
目に涙をいっぱい溜めて

「ごめんなさい。ごめんなさい」

と繰り返し謝り続けました。

 

直人は

寂しがり屋で
常に孤独で、
わがまま、

そんな少年だったのだと思います。

 

これが直人の素顔です。

 

仕事ばかりで
自分に気を向けてくれない両親への
いらだちや不満、
それが直人の荒れを引き起こしたのです。

 

みなさんは
ここまで読んでどんな感想を持ちましたか?

幸いにも直人の両親は、
荒れた息子に戸惑いながらも
なんとか向き合おうとする気持ちを
もってくれました。

 

僕のような第三者の力を借りる決心をし、
仕事を早退して
直人の側にいてやる時間を増やし
話を聞き、
直人の要求にできるだけ応えてやろうとしました。

 

直人は荒れながらも
そんな両親の意識の変化を
どこかで感じ取っていたのだと思います。

 

そして、

「ごめんなさい」

という言葉を口にした時から、
直人と両親の距離は近づいていきました。

 

前のメルマガで書きましたが、

直人が荒れ狂っていた原因は両親にあります。

 

繰り返しになりますが

「親子の信頼関係の欠如」

これに尽きます。

 

ただ、だからこそ親が変われば子も変わるのです。

子を変えようとするのではなく
親が変わることが大切なのです。

直人はその後、僕の申し出を受けて
親元を離れて
僕の家の近くにアパートを借りて自活を始めました。

 

その後も色々なことがあって
時には昔のように親に八つ当たりをしては僕に怒られて。
でもなんとか自動車整備士の資格を取得し
今は整備士として自動車メーカーで働いています。

 

「親父を尊敬しているし、
おふくろにはこれからラクをさせてやりたい」

 

働き始めてからあの直人が語った言葉です。

 

直人に限らず、
荒れる子どもは実にもろく危うい存在です。

 

自立に向かって
1本の細くて長いロープの上を
ぐらぐらと危なっかしく揺れ動きながら
生きています。

 

1歩間違えば足を踏み外して奈落の底。

 

そんな状態の彼らを支えて
最後までロープを渡りきらせてやることが出来るのは
やはり親しかいません。

 

荒れる我が子を目の当たりにして

「親子の絆に問題がある」

と気付くことは難しいことかもしれません。

 

でも

少なくともこれを読んで頂いている
みなさんは

「親子の信頼関係」

がどれだけ大切か、
気付かれたと思います。

 

ご自分のご家庭に照らし合わせて、
ぜひ意識してみて下さい。

 

とは言え、

「じゃあ実際にどうすればよいの?」

と疑問に抱かれる方もいると思います。

 

次回のメルマガでは、
解決の糸口を探してもらう
という意味をこめて、
児童精神科医として
長年にわたり子どもたちを見つめてきた
佐々木正美先生にご協力頂き
対談と言う形で

「なぜ荒れるのか?」

ということをもっと深くお伝えしていきます。

 

それでは、

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

また来週のこの時間に
会いましょう。

—————————————————–



まだメルマガにご登録されていない方は、下記よりお申し込みができます。
この他にも不登校やひきこもり役立つ情報を随時発信しております。
下記フォームよりお申し込みください

メールアドレス【必須】
お名前【必須】

※ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信やセミナー情報など、その他弊社のからの不登校解決のご案内のみに使用させていただくものです。どんなことがあってもあなたの情報を第三者にはわたしません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。 ※ご登録後も「いならい」「役に立たない」と思ったら、ワンクリックで配信解除ができます。お金は一切かかりません。あなた自身の目で内容をご確認下さい。

コメント

コメントしてください

avatar
wpDiscuz

TOP