伊藤幸弘先生と佐々木正美先生のご講演会が下記の日程で開催されました。

      開催日:   11月17日(日)
      場 所:  静岡県 島田
      定 員:  180名
      プログラム: 佐々木正美先生の講演
    ・テーマ:過保護のすすめ (約1時間半)
伊藤幸弘先生・佐々木正美先生の対談(約1時間)

佐々木正美先生の穏やかな語りかけるような口調。 それに対し、活舌もよくテキパキと大きな声で話す伊藤幸弘先生。
とても対象的ではありましたが、絶妙なコンビネーションで 大変勉強になる講演会・対談でした。

講演会の内容は下記です。

◆テーマ: 過保護のすすめ - 約1時間22分

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、佐々木先生は児童精神科医です。
自身のお子さんも発達障害という事もあり、発達障害児を通して、 子育ての大切さを訴えてきました。
今回の講演のタイトルは、ご自身の著書のタイトルにもある『過保護のすすめ』です。そのタイトルの通り、 「子育てをする時は"過保護"にして下さい」というものです。

皆さんは「過保護」というとどんな事をイメージしますか?

       ・甘やかす
       ・なんでもやってあげる
       ・子どもが自分で何もできなくなる

など、悪いイメージの方が浮かんでしまうのではないでしょうか?

佐々木先生が勧める「過保護」とは?
この「過保護」は不登校やひきこもりなどの問題行動をしているお子さんに対して「過保護に育てなおし」するとなおるというのです。

本当の意味の「過保護」を是非学んでほしいです。


-佐々木正美先生-

【プロフィール】

現在は川崎医療福祉大学医療福祉大学医療福祉学部教授をされまた、保育園、幼稚園、学校、児童相談所、養護施設、保健所など30年以上前から子供の臨床に携わる。また、保育士や幼稚園の先生と の勉強会も20年以上、続けている。『子供へのまなざし』(福音館書店)、『過保護のすすめ』(小学館)など、著作も100冊以上ある。


◆伊藤幸弘先生・佐々木先生の対談-約1時間-

元暴走族総長の伊藤幸弘先生と児童精神科医の佐々木正美先生の異色の対談です。

伊藤先生は自身の非行経験を元に青少年の更生やひきこもり・不登校などの問題行動の改善に努めてきました。実は、その考え方の基本となったのが佐々木先生の 「過保護」の考え方なのです。

伊藤先生が実際にされている非行少年などへの対応を佐々木先生に質問する形で対談は進んでいきます。
伊藤先生が具体的な例を挙げて「こういうお子さんにはどうすればいいんでしょうね?」と聞き、それに対して、佐々木先生が「過保護」の立場で回答してくれますので、とても具体的でわかりやすい対談となっています。


-伊藤先生・佐々木先生-

 

この対談動画をご覧頂くと下記のような事がわかります。

過保護の本当の意味
過保護が必要な理由
不登校の子の特徴とその対応・子育ての仕方
不登校・ひきこもりの子どもに親はどうすればいいのか?
昼夜逆転、テレビ・ゲーム・パソコン三昧。そんな子どもへの対処方法
帰ってきてすぐ宿題をしない子への接し方
非行少年への接し方
家庭内暴力・お金をせびる子への接し方
発達障害のお子さんへの対応

上記は動画の内容の一部ですが、その他にもお役に立てる内容がたくさんあります。

その講演会の一部を下記から見る事ができます。是非ご覧ください。

このご講演会に参加された方から

わかりやすかった
子育ての基本的な考え方がわかった
子どもの事を前向きに考えられるようになった
「頑張ろう」という力を貰った
具体的に教えて頂いたので、家に帰ってすぐ実践しようと思った

などとてもアクティブなお便りを頂いています。

この講演会に参加できなかった方からも、
是非、映像販売をしてほしい というご要望がありましたので、
今回、伊藤先生・佐々木先生のご講演会の映像を
パソコンやスマートフォンでご覧いただけるダウンロード形式で販売したいと思います。
 *DVDでの販売は今回はしておりません。


この伊藤先生・佐々木先生のご講演会の映像を
今回は、 

2,980円 +消費税 
                          (消費税込価格:3,218円)

                                           で、お譲りしたいと思います。

「伊藤幸弘先生・佐々木正美先生のご講演会」の映像はご注文は下記からお申し込み下さい。





※クレジットカード決済の場合は、決済完了後、弊社からダウンロードURLをメールにてお送りいたします。
※銀行払いの場合は、お申込み後、お申込み完了画面に、振込口座の案内が表示されます。
 入金確認後、メールにてダウンロードURLをご連絡いたします。