伊藤幸弘

私は少年時代に母を亡くした悲しさから非行に走りました。
15,000人を擁する巨大暴走族「相州連合」の総長となり、 ある事件をきっかけに刑務所に収監されたこともあります。 そんな私も、ある人物との出会いをきっかけに、どん底の人生から抜け出して社会復帰を果たしました。

自らの経験を活かして、現在では子育てカウンセラーとして問題行動を起こしている子ども達が立ち直る手助けをしています。
31年で3,000人以上のお子さんを解決に導きました。
私の活動は、テレビなどでも放送されました。私の経歴はこちらからご覧下さい。



異色の経歴を持つ私のやり方は世間の常識とは異なり、自宅で子ども達を預かり、寝食を共にし、子ども達の心の問題を改善していくものでした。
これらの経緯から私には、不登校や非行、ひきこもりなどの問題行動を起こしてしまう子ども達の気持ちがよくわかります。
伊藤幸弘

不登校やひきこもりでお悩みの親御さんの多くが、まず公共の相談機関に相談されます。自治体の教育相談窓口などです。

ですが、多くの親御さんは相談員に

「まずは様子を見ましょう」
「ゆっくりと見守ってあげましょう」
「少し休ませましょう」


と言われて終わります。

様子を見たまま何の改善もせず、何ヶ月という貴重な月日が流れてしまいます。

何もせず様子を見ていても、不登校やひきこもりは決して改善しません。

親である "あなた" が治すのです。


なぜ、私のノウハウを使うと、
子どもの不登校やひきこもりなどが
改善するのでしょうか?

それは、「子どもを変える」のではなく、「親を変える」からです。

私の持論は

「親が変われば子も変わる」

です。

人の心や態度など変えるのはすごく大変な事です。ましてや、今、自分のいうことを全く聞かない子どもに対しては尚の事です。ですが、私のノウハウは、今、このサイトを見て、子育てに悩んでいて、子どもをどうにかしてあげたい。助けてあげたい。 と思っているあなたに実践していただくノウハウなのです。
今、何とかしたい、何か子どものために行動したいと思っているあたなだからこそ、私のノウハウを使いこなすことができるのです。

私のノウハウは難しいものは何一つありません。誰にでも今日からできる簡単なものです。
そして、不思議な事に、そのノウハウを元に親の声かけや態度が変わると子どもも自然と態度や言葉を変えるんです。

もしかしたら、あなたは

        「そんな事で子どもの態度がかわるはずない」
        「伊藤先生だからできることでしょう?」


などと思われるかもしれません。

みなさん、最初はそう思います。

そのような方たちに私は、「だまされたと思って、10日間、私の子育て法を実践してみてください」

と伝えます。
みなさん、半信半疑ながらも、私の子育て法を実践してくださいます。
10日間で成果の現れるお子さん、もう少し時間のかかるお子さんなど個人差はありますが、親御さんには確かな手ごたえを感じていただけます。
どうすればいいのかわからない、出口の見えない暗いトンネルの中に希望の光を見出せるのです。
私の子育て法を実践された方からコメントを頂いています。


私は少しでも私の子育て論をご理解いただけるように、毎年、講演会を開いています。

講演会では、

・なぜ、子どもが不登校になるのか?
・不登校になった時、子どもは何を考えているのか?
・その時、親はどう対応すればいいのか?


などについて、いつも説明させていただいています。

それに付け加え、今回の講演会では、不登校と関係の深い、「HSP」(ハイリー・センシティブ・パーソン)や発達障害などについても説明させていただきました。

私の講演会の様子が少しでもわかるように動画にまとめました。

是非、ご覧下さい。

今、動画で紹介した講演会は、『説得力のある対応』というテーマでお話ししました。

親は、不登校やひきこもり・非行などの問題行動を起こしているお子さんに対して、

・不登校がひどくなったら困る
・ひきこもってしまっては困る
・キレて暴れたらどうしよう?

などと考えて、ついつい腫れ物に触るように接してしまいがちです。

その為、核心に触れることができず、今まで普通にできていた日常会話すら難しくなる親子もいます。

・子どもが何を考えているかわからない
・何を話しても反発ばかり
・声をかけても無反応


という言葉を親御さんからよく聞きます。

あるいは、普通の日常会話はできるけど、

・勉強の話になると機嫌が悪くなる
・学校の話になると部屋にひきこもる
・仕事や将来の話になると無言になる


というお子さんも多いです。

では、親はどのように対応すればいいのでしょうか?

私は皆さんからお子さんのことでご相談をうけます。
その一つ一つに丁寧に具体的に、話し方や誰がどんな感じで対応すればいいのかなどをアドバイスします。 それを元にご相談者の方が、お子さんに実践されますが、なぜかうまくいかない。

それはなぜでしょうか?

この違いが『説得力』です。
お子さんの問題行動を解決するにはこの『説得力のある対応』が、親御さんに必要なのです。

そのコツを、今回の講演会でお話しました。

この『説得力ある対応』 が理解しやすいように、 講演会に参加された方の中から3組の方の質問を受け、親御さんと問答をしながら、

・お子さんは今、どのような状況なのか?
・親御さんはどんな対応をしているのか?
・親御さんは、今、どういう対応をすればいいのか?
・私がアドバイスをした対応を親御さんがした場合、お子さんはどういう反応をするとか思うか?
・そのお子さんの対応を予測して親はどうすればいいか?


など、具体的にアドバイスしました。
質問内容は下記です。

1人目
2人目 20歳 男子/ひきこもり
シングルマザー
外に出ず内にこもるタイプで、吃音、強迫性障害、人間不信、コンプレックスがある。
引きこもりが長期化していても自立は可能か?
本人への刺激、働きかけ方が分からない。
3人目 中学3年生 男子/ゲーム三昧
部活トラブルから不登校
普段の会話は普通にできるが、進学や今後の話をすると、「あせらすようなことを言うな」や「うるさい」と言って遮る。 勉強はせず、ゲームやスマホをして一日過ごし、昼夜逆転することも多い。
前向きに先のことを考えられるようにするにはどうすればいいか?

今回の講演会にご参加者頂いた方のアンケートは、

満足度93.4%


実際のアンケート内容はこちらです。


伊藤幸弘

いかがでしたでしょうか?

とても高評でしたので、この講演会に参加できなかった方からも、 是非、映像販売をしてほしい というご要望がありましたので、 この度、この講演会の映像を販売することになりました。

この講演会動画をご覧いただくとこのような事がわかります。

子どもがなぜ不登校やひきこもりになったのか?
『説得力のある対応法』
『説得力のある対応法』を身につけるために親がすべきこと
自信を持って子育てができる方法
子どもが今、何を考えているのか?
なぜ、子どもは勉強や学校・将来の話から逃げるのか?
勉強や学校・将来の話から逃げる子どもへの対応
「過保護」と「わがまま」の違い
子育てにおける母親の役割・父親の役割
父親に上手に「父性」を発揮させる方法
なぜ、部活やスポーツなどでトラブルが多いのか?
友人トラブル・部活トラブルがあった時、親はどうすればいいのか?
子どもに自信を持たせる方法
昼夜逆転、テレビ・ゲーム・パソコン三昧。そんな子どもへの注意の仕方・対処方法
「今日からどうすればいいのか」親が子どもにために今日からできる事
子どもの為に家族ですべきこととは?

など

さらに、今回は下記の特典をお付けします。

この動画は、講演会の後にいつもアンケートを取っているんですが、その中にいくつか講演内容についての質問がありました。アンケートを読ませて頂いて、質問した方だけでなく、

「これはみんなが知りたい内容だろう?」

と感じたので、私が別に提供している『子育てラジオ定期便』の中で、そのアンケートの質問の対する答えを撮影しました。
簡単にいうと「講演会の補足動画」です。
動画の長さは 約23分です。
補足動画ではありますが、とても重要な内容になりますので、必ず、本編の動画を見た後に見てください。きっと、勇気がわいてくると思いますよ。

今日からなにをすればいいのか?

「説得力のある対応」

この講演会動画をご覧いただければ、きっとあなたに必要なスキルである「説得力ある対応」がわかると思います。
お子さんに「どう対応すればいいか」がわかります。
それがわかれば、あなたの不安な気持ちもイライラもなくなってきます。きっと、あなたもお子さんの嬉しい変化を実感できると思います。
是非、この講演会動画を見て、明るい希望を持ってもらえればと思います。

講演会動画の購入について

この講演会の映像を パソコンやスマートフォンでご覧いただける形式で販売したいと思います。
              *DVDでの販売はいたしません。


     販売価格: 5,400円 
                                           で、お譲りしたいと思います。



「伊藤幸弘 講演会動画(1007)」はご注文は下記からお申し込み下さい。

»特定商取引法  »個人情報保護方針 
Copyright © 2015 & 伊藤 幸弘 All Rights Reserved.