不登校、ひきこもり、非行、家庭内暴力などあらゆる青少年問題に対応いたします

伊藤幸弘の不登校・ひきこもり解決講座を無料公開
私、伊藤幸弘が28年間で導き出した、不登校・ひきこもりの解決ノウハウの中で、
親であるあなたが最も見落としてしまう"ある5つのポイント"を解説しました。
この「不登校・ひきこもり解決講座」をご覧頂くことで、以下の問題を解決できます。
  • 解決方法がわからず、ただ時間だけが過ぎ、解決の糸口すら全く見えない
  • 昼夜逆転の生活、テレビやゲームばかりで一向に治る気配がない
  • まるで腫れ物を触るように子供に接してしまい、何をしてよいか全くわからない
  • 注意をすれば子供が怒り暴れだし、甘やかすばかりでは本当に治るのかとても不安
  • 父親が子育てに向き合ってくれず、母親ひとりでは誰にも相談できず全くのお手上げ状態になっている

はじめまして。
不登校、ひきこもり解決請負人伊藤幸弘と申します。

伊藤幸弘

私は、28年間に渡り、2000人以上の「不登校・ひきこもり・非行」など、子供に関する問題の相談にのり、200人以上の子供と寝食を共にしながら、子供の問題を解決へと導いてきました。

私自身、少年時代に母を亡くした悲しさから非行に走り、15,000人を擁する巨大暴走族グループ「相州連合」の総長となり、刑務所にも収監されたどん底の人生から、ある人物との出会いをきっかけに社会復帰を果たし、その経験が元になって、ひきこもりなどの様々な子供の問題を解決してきた異色のカウンセラーでもあります。

そんな私のやり方は世間の常識とは違い、自宅で子供達を預かりながら寝食を共にし、子供達を改善していくものでした。
もちろん当時は、ボランティアで子供達を預かっていたのです。

暴走族グループ総長時代の私 子供たちを自宅にあずかり、みんなで家族会議を開いている様子

その、私のカウンセリング方法が、ドキュメンタリー番組としてテレビに取り上げられた事もあり、国会の青少年問題の参考人として、議員の先生方にアドバイスをさせて頂くという貴重な経験もさせていただきました。
またこの時に、いくつかの書籍を出版させていただきました。

【テレビ出演】
フジテレビ『スーパーニュース』出演

フジテレビ系列の朝の情報番組「こたえてちょーだい!」や夕方の「スーパーニュース」などで、“不登校・ひきこもり・いじめ・家庭内暴力”など、子供の様々問題を解決するプロとして、また、その他にも多数の番組に、教育コメンティターとしてもTV出演を致しました。

国会にて国会にて国会にて

国会に呼ばれ、少年問題について国会議員の先生方に少年問題の現実とその解決策についてのアドバイスもさせて頂きました。

【著書・出版物】
著書「こんなオレでも生きててよかった」 著書「子供に悩まされる親、親にダメにされる子供 著書「マジだぜ!」 著書「僕たちはいらない人間ですか?」 著書「体当たり子直し」

今まで、5冊の本を出版いたしました。

【講 演】
不登校・ひきこもり・家庭内暴力など、あらゆる青少年の問題行動について、自身の実体験を基に非行に走ってしまう原因や問題行動に対しての対応などの内容を講演しております。
講演 【フリースクール】
静岡県富士宮市に校舎を構え、非行や不登校の子どもたちを預かり、共同生活やボランティア活動を通して規則正しい生活リズムや協調性/社会性を養っていくフリースクールの理事長を務めております。
フリースクール
〜 講演コース詳細 〜
品 目 価 格
  1 回    100,000円〜    
※ 別途、交通費、宿泊費が必要になります。
※ その他、詳細はお問い合わせ下さい。
〜 フリースクールコース詳細 〜
※ 詳細はお問い合わせください。
品目 概要
 静岡本校コース   共同生活を通して協調性や思いやりを養うコース 
 職業訓練,自立支援コース   社会性や自立能力を養うコース 
 海外留学コース   異文化交流を通してコミュニケーション力を養うコース 

そんな28年間にわたるカウンセリング経験から、子供の問題の原因は、いくつかのタイプに分かれる事がわかりました。
さらに、その解決方法もタイプ毎に違うのです。

そして、“あるポイント”さえ分かってしまえば、親であるあなた自身でも「不登校・ひきこもり・非行」などの問題に対応していく事ができるのに、“あるポイント”を知らないばかりに、解決しないだけでなく、ますます悪化してしまうケースがあまりにも多く見られるのです。

「不登校・ひきこもり・非行」に悩み、解決方法の糸口さえ見つからず、悩み続けるあなたに、“あるポイント”を知って頂く為に、このホームページで解決法の秘密を公開する事を決意しました。

まずは、私の解決法を実践してくださった、ある親御さんからお手紙を頂きましたので、ここで紹介したいと思います。

親御さんからお手紙
親御さんからお手紙
※あくまで個人の感想です。

いかがでしょうか?

私の解決法は、簡単に言ってしまえば、子供の本当の気持ちが理解できるようになる、その一言につきます。
子供の気持ちさえ理解してしまえば、あとは、その気持ちにそった行動、対応をしていただくだけ、
ですから、親御さん自身で解決できるよう取り組む事ができるのです。

それでは、私の解決法のノウハウの内、まずはじめに必ず知って頂きたい事をひとつお伝えしたいと思います。
それは・・・


実は、「不登校・ひきこもり」になる子供の性格には、
ある3つの特徴があるんです。

不登校・ひきこもりになりやすい子供の特徴とは何か?

それは、「感受性が強い」「プライドが高い」「気が弱い」の3つの特徴です。

不登校・ひきこもりになってしまう子供には、少なからずこういった性格を持っています。


具体的にお話すると、「感受性が強い」と言うのは、学校で友達に気を使い、合わせてしまう傾向があるという事です。
例えば、友達が「黒」と言ったら、自分は「白」だと思っていても、「黒」と言ってしまう、そういった性格を持っているという事です。

それでいて、本人は「プライドが高い」のです。
プライドが高い子は、家に帰って来ると友達に合わせてしまった事に対して嫌悪感を抱きます。
なんで、「白」だと思ったのに、友達に合わせてしまったのだろう・・・と。

そして、「気が弱い」のです。
気が弱い為、友達や親にも悩みを言う事ができず、自分でも気が付かない内に、ストレスを溜めてしまうのです。

つまりこのタイプの子供は、知らず知らずの内にどんどん人間関係で疲れてしまい、
気がつくと他人と話す事ができなくなり、世間と全く交流を持てずにひきこもってしまうのです。


いかがですか?
あなたのお子さんにも当てはまりませんか?

また、このタイプの子供は、友達に合わせて生活しているので、周りから見ると、思いのほか友達が多くいるのです。
ところが、そんな状況とは裏腹に、本人は友達関係に疲れてしまっているのです。

ですから、親の目から見ると、あんなに普通に学校に行って、友達とも仲良くしていたのに、
ある日突然、理由も分からず学校に行かなくなった。しかも、本人に聞いても理由がよくわからない。
そんな状況に陥る親御さんが本当に多いのです。

そんなタイプの子供に対して、多くの親御さんが誤った対応をしている事があります。
それは・・・


昼夜逆転でゲーム・パソコンばかりの生活、
そんな子供に「今は何もしないで見守って下さい」だけで本当の問題を解決する事はできません。

実際問題、私のところに相談にいらっしゃる親御さんの中には、
カウンセラーから「今は難しい時期ですので、ゆっくり見守ってあげて下さい」とアドバイスを受け、
本当に何も言わなかった結果、3年経っても、5年たっても全く進展しない
相変わらずひきこもったまま、というお子さんが本当に多くいます。

確かに、見守る時期が一時的にあってもいいでしょう。
ただ、見守るだけでは、本当の解決には結びつきません。

なぜなら、
今、あなたのお子さんは、人間関係でとっても疲れているのです。

そんなあなたのお子さんは、
親であるあなたに「ただ見守って欲しい」そう思っているのでしょうか?

違いますよね。
少し考えればわかります。

子供が親に今何を求めているのか?
それが分かれば、子供の問題はゴールが見えてきます。

そして、子供の本当の気持ち、本当の欲求を知るためには、
なぜ、あなたの子供はこうなってしまったのか、
その原因を知る事がとても重要なのです。

これは、28年間2000人以上の子供達を見てきた私の経験上、
2種類のパターンしかなく、そのパターンを理解すれば、
まったく分からなかったあなたの子供の気持ちが手に取るようにわかるようになります。

今回、無料で公開するWEB動画講座「伊藤幸弘の不登校・ひきこもり解決講座」では、
その2種類のパターンの、見極め方の秘密を解説しています。

ぜひ、以下より登録して、公開動画をご覧ください。

【無料プレゼント】伊藤幸弘の不登校・ひきこもり解決講座
メールアドレス【必須】 例)yamada@ito-futoukou.com
お名前【必須】 例)山田太郎
※ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信やセミナー情報など、その他弊社のからの不登校解決のご案内のみに使用させていただくものです。どんなことがあってもあなたの情報を第三者にはわたしません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。
※ご登録後も「いならい」「役に立たない」と思ったら、ワンクリックで配信解除ができます。お金は一切かかりません。あなた自身の目で内容をご確認下さい。



不登校・ひきこもり解決講座では、こんな内容でお届けいたします。

l オンライン講座内容

第1回
実は、○歳の時の子育てが、不登校・ひきこもりの原因だったんです。

長年の経験から、ある年齢の子供の子育ての仕方、またその子供の行動を見れば、将来その子がひきこもりになるか、非行に走るかが分かってしまいます。それだけ、子育てには、子供の将来を左右する大事な時期があります。
逆に言えば、その時期の子育てを振り返れば、今起こっている子供の問題の本当の原因が見えてきます。

第2回
ひきこもり型?非行型?必ず分かれる子供のタイプ

不登校・ひきこもり・非行を解決するには、いくつかの対処法がありますが、この原因について元をただして見ると、たった2つのタイプしかありません。それは、「ひきこもり型」か「非行型」のどちらかです。
ただし、この子供のタイプの見分け方は、一般的に考えられる見分け方ではなく、私独自の見分け方がありますので、ここでは、その方法を解説します。

第3回
昼夜逆転、ゲームばかり、注意しても治らない理由は親の○○にある。

ひきこもりになる子供のほとんどは、昼夜逆転の生活を送り、夜中までゲームやパソコンをやり、まともな生活をしていません。さらに、親も最初の頃は注意していたのに、だんだん子供の暴力や暴言が止められず、今ではまるで腫れ物を触るように接している親が本当に多くいます。なぜ、いくら注意しても治らず、挙句の果てには子供の暴力・暴言におびえるようになってしまうのか、それは、小さい頃から親であるあなたなら必ず行う●●の順番が間違っているからに他なりません。その●●とは何か?ここで解説しています。

第4回
「お前のせいでこうなった!」そう言われてしまう本当の原因とは?

子供からこんな風に言われてしまった親も多いことでしょう。そんな親御さんの話を聞いてみると「決して間違ったことで叱ったつもりはない」「子供のために叱ったことなのに、なぜこうなってしまったのか分からない」そう皆さんおっしゃいます。ところが私から見ると、あるポイントが抜けているのです。このことが分かっておらず、皆さん叱った時のことしか言いません。それでは、子供の本当の気持ちは見えてこないでしょう。逆に、このポイントが理解できれば、叱ってよい場合と叱ってはいけない場合の見極めが出来てくるのです。

第5回
母子家庭、父子家庭では、子供にとって必ず足りない○○がある。

母子家庭、父子家庭の場合、普通の家庭に比べて子育てにはハンデがあると思っていただいて構いません。
それはそうですよね。父親には父親の役割、母親には母親の役割があるわけですから。ここでは、具体的に片親しかいない家庭が陥る子育てのポイントについて解説します。
【無料プレゼント】伊藤幸弘の不登校・ひきこもり解決講座
メールアドレス【必須】 例)yamada@ito-futoukou.com
お名前【必須】 例)山田太郎
※ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信やセミナー情報など、その他弊社のからの不登校解決のご案内のみに使用させていただくものです。どんなことがあってもあなたの情報を第三者にはわたしません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。
※ご登録後も「いならい」「役に立たない」と思ったら、ワンクリックで配信解除ができます。お金は一切かかりません。あなた自身の目で内容をご確認下さい。

私の不登校、ひきこもり、非行の解決法に
日本の権威である先生方にコメントをいただきました。

子育ての方法や、不登校解決法のような書籍は、世の中にあふれています。
インターネットをみれば、驚くほどにたくさんの情報が出ています。

しかし、はたして、それらの情報のうち、専門家が自分の経験を元に、解決方法を体系化して、どのご家庭でも再現できる形にまとめて情報発信をしているものがどれくらいあるでしょうか?

私の不登校、ひきこもり、非行の解決法は、そのようなありふれた個人的な情報と一線を画く内容であり、下記3人の、児童心理に関する日本における権威の先生方に、私の不登校・ひきこもり解決法及び、私、伊藤幸弘についてコメントを頂いておりますのでご紹介させて頂きます。

この場を借りて、3名の先生方にお礼を申し上げます。

佐々木正美先生

児童精神科医・川崎医療福祉大学教授/佐々木正美先生

【プロフィール】
保育園、幼稚園、児童相談所等で30年以上前から子供の教育に携ってきた現場を知る精神科医としては日本では希有な存在であり、保育士や幼稚園の先生との勉強会も20年以上続け、著作も100冊以上出版している。また、自閉症や発達障害をはじめとして乳幼児から青年期の社会問題にも携り、特に、自閉症の療育方法(TEACCH)を日本で広めた第一人者である

「育てにくい子」と感じたときに読む本―悩み多き年齢を上手に乗り越えるためのアドバイス 子どもへのまなざし 抱きしめよう、わが子のぜんぶ―思春期に向けて、いちばん大切なこと アスペルガーを生きる子どもたちへ 自閉症児のための絵で見る構造化 子どもの気持ちがわかると 子育ては、もっと楽しい 「お母さんがすき、自分がすき」と言える子に―信頼されて子どもは育つ

奥村晋先生

元少年鑑別所所長/奥村晋先生

あああ

【プロフィール】
1950年 法務省 (心理上級職)に入省し、法務省矯正局法務専門職として、松山、高松、札幌、浦和、横浜、大阪の少年鑑別所 所長を歴任。1987年 (香川県)高松矯正管区長を定年退官以降 横浜国大、愛知教育大非常勤講師、家庭裁判所参与、社会福祉法人ゆりかご園 園長を歴任する。
現在、神奈川教育病理研究会顧問、刑務所篤志面接委員、静岡県スクールカウンセラー、函南町教育委員会スーパーバイザー、函南町スクールアドバイザー顧問など多方面で活躍。著作に、『子育てから子離れまで』(春秋社)、『非行は世の鏡』(JCS出版)、『よい子はよい 大人になるか』(小学館)などがある。

杉浦正明先生

子育て協会代表/杉浦正明先生

【プロフィール】
30年以上前から、子育てに関する、国の研究や横浜市の研究・子育て問題の支援を行う、子育て支援のスペシャリスト。「24時間子育て問題についての仕事をしてみたい」と考え、1993年子育て協会設立、子育てコーディネーターとして保健所、公民館、学校、幼稚園、保育所を中心に幅広い子育て相談支援、講演、研修などを行う。1994年4月、子育て情報誌「コミュニケーション」(季刊)を創刊。1999年、書家の相田みつお氏の本をプロデュース。著作『育てたように子は育つ』(小学館)がベストセラーに。
現在、年間に200回以上の講演活動を行っている。

【無料プレゼント】伊藤幸弘の不登校・ひきこもり解決講座
メールアドレス【必須】 例)yamada@ito-futoukou.com
お名前【必須】 例)山田太郎
※ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信やセミナー情報など、その他弊社のからの不登校解決のご案内のみに使用させていただくものです。どんなことがあってもあなたの情報を第三者にはわたしません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。
※ご登録後も「いならい」「役に立たない」と思ったら、ワンクリックで配信解除ができます。お金は一切かかりません。あなた自身の目で内容をご確認下さい。

他にも、私の解決法を実践いただいた方からの
お手紙をご紹介します。

C.Tさん
仕事をしていた事が、
子供に負担をかけてしまい可哀想な思いをさせてしまいました。
伊藤先生の言うとおりだと思いました。
涙が出てとまりませんでした。正直ショックでした。もっと早く知る事ができればよかったと後悔しました。一生懸命してきたことが、子供の心の成長に良くなかった事も知りました。仕事をしているので、お手伝いも「やって」と強く言っていたので、子供に負担をかけていて、子供の気持ちを理解する余裕もなく 間違った子育てをしてしまい、子供に可哀想な思いをさせてしまいました。
広島県尾道市/C.Tさん(40代女性)
※あくまで個人の感想です。
O.Rさん
息子の性格が、伊藤先生の言っている通りでした。
私の兄夫婦の息子が不登校で悩んでおり、テレビに出ていた伊藤先生の事を知り、実家の両親、兄と4人で拝見しました。
まず、兄夫婦が驚いていた事は、息子の性格(感受性、プライド、気が弱い)が、伊藤先生の言っている通りだった事です。そして兄夫婦は、子供の性格が分かれば何を言いたかったのかが痛い程よく分かったと言っていました。これからも家族みんなで取組んで行きたいと思っています。
兵庫県西宮市/O.Rさん(40代女性)
※あくまで個人の感想です。
T.Oさん
伊藤先生のお話は、わかりやすく、説得力がありました。
私が今までに勉強してきたものは、理論ばかりで難しかったです。
今までに勉強しても明確な答えの得られなかった疑問
「どこまで子供の要求を聞くべきなのか?ワガママにどう対処するのか」
がわかりよかったです。

栃木県小山市/T.Oさん(40代女性)
※あくまで個人の感想です。
H.Mさん
注意の仕方も気をつけ、今は、暴れる事もなくなって来ました。
家で暴力をふるう息子に困り果て、どうすればよいかと悩んでいた時に伊藤先生に出会い、藁をもすがる思いで勉強させていただきました。今までの事を振り返れば、色んな事でガミガミ言っていたようで、口でのバトルの毎日でした。要求にはなるべく答えるように、注意の仕方も何度も気をつけました。まず、私自身の気持ちが楽になり、本人の表情もだんだんやわらかくなって来た事に驚きました。今は、暴れる事もなくなって来ており、その変化を感じております。
神奈川県横浜市/H.Mさん(50代女性)
※あくまで個人の感想です。
U.Iさん
娘の非行は、
寂しさの裏返しだった事がわかり、その場で抱きしめてあげました。
伊藤先生の話を聞いた時は、娘が髪を染め、夜遊びを繰り返し、彼氏に依存している様を見て、この子は私たち親に頼る事ができない程、寂しい思いをさせてしまったと反省しました。そして家出から帰ってきた娘を、うれしかった正直な気持ちで子どもの名前をよびながら抱き締めました。娘はびっくりしていました。今でも、あの時の顔は忘れられません。今の私の子育ては、黙って見守る事を心がけています。口出しと手助けをしない事が子どもを成長させること、今の私にできることはこれしか無いと思っています。中学の時荒れたうちの娘も、少しずつ将来を考え始め、希望通りの定時制の高校を受検し、合格して、先日から通学しています。
伊藤先生、本当にありがとうございました。
埼玉県草加市/U.Iさん(40代女性)
※あくまで個人の感想です。
【無料プレゼント】伊藤幸弘の不登校・ひきこもり解決講座
メールアドレス【必須】 例)yamada@ito-futoukou.com
お名前【必須】 例)山田太郎
※ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信やセミナー情報など、その他弊社のからの不登校解決のご案内のみに使用させていただくものです。どんなことがあってもあなたの情報を第三者にはわたしません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。
※ご登録後も「いならい」「役に立たない」と思ったら、ワンクリックで配信解除ができます。お金は一切かかりません。あなた自身の目で内容をご確認下さい。