【伊藤幸弘の子育てアドバイス】#143 朝、子どもを起こす方法

2017-11-09

こんにちは、伊藤です。

本日も子育ての悩みから、
ひきこもりや非行など、子どもの問題行動に
悩む親御さんに役立つ情報をお伝えします。

*********************************************
前回のおさらい
*********************************************

前回も元鑑別所所長の奥村晋氏と
私の対談の内容をご紹介しました。

前回、私が最も強調したかったのは
ナイフなどの凶器はすぐに取り上げるべきだ
ということです。

「ダメなものはダメ」

とはっきり言わなければいけません。

もちろん過保護は必要ですが、
必要なときには毅然とした態度で
言うべきことをはっきりと伝えることも大切です。

本日も奥村氏と私の対談の
続きを紹介させていただきます。

************************************************
今は幼児がナイフを持っているという感じです。
************************************************

■伊藤:

今の子ども達がナイフを持つ理由の1つに、
ナイフがどこにでも売っていて、
手軽に買えることがあるでしょう。

また、自分の子どもが
ナイフを持っていることを知っても、

「ナイフは持ち歩くなよ」

くらいしか言わない親もいます。

これではダメですね。

私だったらナイフは即座に取り上げます。

これは常識だと思います。

親も、教師も、世間の大人も
もう一度考え直せば
案外簡単なことだと思います。

●インタビュアー:

奥村さんは、
いろんな少年を見てこられたわけですが、
伊藤さんのお話を聞かれて
どう思われますか?

◆奥村:

伊藤さんのおっしゃる通りです。

子どもの問題行動に対応するときは
ルールをできるだけ
シンプルにすることが大事です。

一度禁止すると決めたら、
厳格に取り締まればいいと私も思います。

■伊藤:

現代では幼児がナイフを持っていると
いう感じがします。

昔は、
凶器を持ち歩くような人間はごく一部で、
それを使うのは喧嘩相手など
非常に限られていたように思います。

ところが最近は、たとえ成人していても
ナイフを持つ人間の精神が幼児のままです。

そのため、以前は社会にあった
凶器の取り扱いに関する暗黙の了解のようなものが
通用しなくなってきています。

格好つけるために持つなら、
ナイフではなくて他の物でも良いはずです。

物が溢れている中で、あえてナイフを選ぶのは、
少しでも「強く見せたい」という願望です。

つまり、そのような子どもは
気が弱い子だと言えるでしょう。

*********************************************
編集後記
*********************************************

本日も引き続き凶器についての
お話を紹介してまいりました。

凶器を持つ子どもの心の底には

「弱さ」

があります。

弱いからこそ虚勢を張るために
ナイフを持たなければいけないのです。

悪びれたり、非行に走るような子どもは
精神的に弱いのです。

私たち大人は
子どもの本質を見なければいけません。

見た目や言動だけで判断するのではなく、

「なぜ、今この子はこんなことをするのか」

「なぜ、こんなことを言うのか」

しっかりと考え、理解する必要があります。

問題解決のためには、
子どもの内面を理解しなければいけないのです。

*********************************************
読者の方から頂いた喜びの声
*********************************************

続いて、
DVD、メルマガ、子育てラジオ定期便などを
ご覧になり状況を改善された読者の方の
喜びの声をご紹介します。

本日紹介させていただくのは
UNさんのメッセージです。

正しい子育てを実践したら変化が見られたと、
喜びのメッセージをくださいました。

*******************ここから********************

23歳の息子ですが、
私の息子も不登校で昼夜逆転のゲーム依存です。

以前のメルマガに「朝 起こす方法」が載っていたので、
その方法を実践してみました。

朝、息子を起こすときに、
優しく時間だけを伝えました。

3回くらい、15分おきくらいに
優しく声をかけて待っていたら
本当に起きてきたんです!

穏やかな朝が向かえられました。

先生のアドバイス凄いです。

*******************ここまで********************

UNさん
貴重なメッセージをありがとうございました。

メルマガをご愛読いただいており
ありがとうございます。

正しい子育てを実践していただけて
とても嬉しく思います。

以前のUNさんは
息子さんをどのように起こしていたのでしょうか?

「早く起きなさい」

「遅刻よ」

「いつまで寝ているの?」

こんな感じの言葉ではないでしょうか。

息子さんを起こすとき、UNさんご自身も
イライラしていたのではと思います。

イライラしながら起こされた息子さんも
その度に嫌な気持ちになっていたでしょう。

でも、少し言い方や表情を変えるだけで、
お互いが嫌な気持ちにならず、
穏やかな朝が迎えられる
というのは、本当に素晴らしいですよね。

これからも、子育てに役立つ情報を
メルマガで配信してまいります。

改めまして貴重なメッセージを
ありがとうございました。

**********************************************

%%NAMESei%%さんのご家庭はいかがですか?

朝、お子さんを起こすときに
イライラしたり、喧嘩になったりしませんか?

忘れてしまった方もいらっしゃるかと思いますので、
UNさんさんが参考にされた
メルマガを改めてご紹介します。

************************************

今回は、この「伊藤幸弘 不登校・ひきこもり解決講座」を
受講されている方から
こんなご質問をいただきました。

同じように疑問を持っていらっしゃる方が
いると思いますので、
今回メールさせていただきました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中学2年の息子です。

不登校ですが、週に1度くらい学校に行きます。

もちろん遅刻ですが・・・

夜遅くまでゲームをしているせいか、
朝はなかなか起きれません。

毎朝、

「今日は学校はどうするの?」
「遅刻よ」

と起こすのですが、
まったく起きません。

朝の声かけはどうすればいいのでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

親としては、「子どもに学校に行ってほしい」と思い
朝は何が何でも起こしたくなります。

お子さんの状況によって変わるとは思いますが、
朝の声かけは

「○○時よ」

と時間だけ伝えるだけでいいです。

毎朝、その時間に起きているのであれば、
本人は起きなければいけないとわかっているはずです。

ですので、時間だけ伝えればOKです。

時間を伝えるときも、優しい声で言って下さい。

お母さんが学校に行く時間が気になるのであれば、
15分・30分おきくらいに、

「○○時30分よ」

とこちらも怒った声ではなく優しい声で言って下さい。

ついついお子さんが起きないと、
大きな声を出したり怒った声になりがちですが、
意識して優しい声で、
ゆっくりとわかりやすく言って下さい。

これだけでいいです。

起きてくる起きて来ないは本人の意思に任せましょう。

%%NameSei%%さんもそうだと思いますが、
朝から、怒鳴り声を聞いたらどう思いますか?

いい気持ちはしないですよね?

学校が嫌で行きたくないと思っている子に
朝から「学校に行きなさい」と
嫌な事を思い出させたらどうでしょう?

起きたくても起きれないですよね^^;

ある小学生の不登校児のお母さんは、朝
————————————-
今日は、○○してお母さんと遊ぼうか?
早く起きて遊ぼうよ
————————————-
と言ったら、朝起きるようになったそうです^^

嫌なことでなく、楽しい事を想像させる!!

それも朝の声かけのポイントかもしれませんね

%%NameSei%%さんも試してみて下さい。

小さいながらもきっと変化があると思いますよ^^

************************************

これが、UNさんが参考にして、
穏やかな朝を迎えることができたメルマガです。

ぜひ、%%NameSei%%さんも実践してみてください。

ポイントは、

「子ども目線で考える」

です。

こういう言い方をしたら、
自分が子どもだったらどう思うかな?
嫌な気持ちになるかな?

と考えると
わかりやすいと思います。

本日も最後までご覧くださいまして
ありがとうございました。

PS:

メルマガでお伝えしていることを実践されて
何か変化はありましたか?

・子どもの態度が変わった

・ついに学校に通えるようになった!

など、改善の兆しが見られましたら
ぜひご連絡ください。

こちらのメルマガで他の親御さん方に
共有させていただきたいと思います。

あなたの体験談が多くの方の希望となります。

ご連絡をお待ちしています。



まだメルマガにご登録されていない方は、下記よりお申し込みができます。
この他にも不登校やひきこもり役立つ情報を随時発信しております。
下記フォームよりお申し込みください

メールアドレス【必須】
お名前【必須】

※ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信やセミナー情報など、その他弊社のからの不登校解決のご案内のみに使用させていただくものです。どんなことがあってもあなたの情報を第三者にはわたしません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。 ※ご登録後も「いならい」「役に立たない」と思ったら、ワンクリックで配信解除ができます。お金は一切かかりません。あなた自身の目で内容をご確認下さい。

コメント

コメントしてください

avatar
wpDiscuz

TOP