不登校6年ぶりに"増加"のなぜ?

こんにちは、伊藤幸弘です。
【不登校児童生徒が6年ぶりに増加】
あなたはこんなニュースをご存知でしょうか?

平成25年度のデータですが、
それまで5年間、減少傾向にあった不登校児童生徒数が、
25年度に、増加してしまいました。

なぜ増加してしまったのか?
おそらく時代的な背景が大きい要因ではないかと予測されます。
特に、スマートフォンの爆発的な普及など
コミュニケーションのあり方の変化による影響は、
かなり大きいものだと思われます。

それによって
コミュニケーションがうまくとれない子どもが 今、とても増えています。

しかし、
のびのびと安心して過ごせる家庭があれば、
そして親からの愛情をしっかり感じている子どもであれば、
スマートフォンが普及したからといって
コミュニケーションが、うまくとれなくなったり
不登校になったりすることはありません。

つまり、親がたっぷりと愛情を注ぐような
正しい子育てさえ実践していれば、
子どもの問題行動は
ほとんど起こることは無い、ということです。

しかし残念ながら現状は、
多くの親御さんが
間違った子育てを実践してしまっているのです。

実は間違っている子育て

子どもの問題行動が目につき始めるのは、
だいたい中学生ごろが多いのですが、
「え、あんなにいい子だったのに!」
と思うような子が問題を起こすケースが多く見受けられます。

しかし、僕から見れば
"いい子だから親の言うことを聞いていたわけではない"ということは明らかです。

単に親の意思を押し付けられて我慢していたに過ぎません。
実は親からの圧力によって心にストレスを抱え込んでしまっていて、
それが成長するに従って表面化しただけです。

親の意思や希望を押し付ける、という間違った子育ての結果、
子どもが問題行動を起こしてしまうのです。

こういったケース以外にも、僕はこれまで数多くの間違った子育てを見てきましたが
そのすべてに共通しているのが「愛情不足」です。

問題行動を引き起こさないためにもできる限り早く、
親御さんに、このことに気づいて欲しいと思っています。
問題行動発生の芽はできる限り早い段階で取り除かれるべきです。

子ども目線の子育てを、この国の常識に。

僕は本気で、
日本から不登校や、引きこもりなど子供の問題行動をなくしたいと思っています。
そのためには正しい子育ての知識を世に広めることが絶対に必要で、
愛情不足の子育てを無くさなければいけないと考えています。

"子ども目線に立った子育て"を 日本の子育ての常識にしたいのです。

そして正しい子育ての知識を全国的に広めるために、
今回、【子育てALL FOR ONE】という1つのプロジェクトを始めました。
もしあなたが私の想いに共感して下さるならぜひ参加していただければ幸いです。

下記に3つの具体的な参加方法を、用意いたしました。

  1. 子育てでお困りの知り合いのお母さんに
    「子育てラジオ」というキーワードでインターネット検索することを
    オススメして頂けないでしょうか?
  2. あなたのブログ、Facebook、Twitterなどで
    「子育てラジオ」を紹介して頂けないでしょうか?

    http://futoukou365.com/bn/
  3. 私の子育て方法を実践してみた、あなたの体験をこのページ下部の欄に書いてシェアして頂けないでしょうか?

どれか1つでも構いません。
3つの中からあなたができそうなことを実行して頂けないでしょうか?

僕自身はこれまで3000人以上の親子をサポートしてきました。
そして解決への道標を提供してまいりました。
その確かな実績がありますので、どうか安心してご紹介いただければと思います。

また、ご自身の子育て体験談も、今まさに子育てで悩む親御さんのために、
ぜひ積極的に下記の掲示板に書いていただけましたら嬉しいです。

おそらくあなたは、
今まで子育てに関して悩まれ、僕のメルマガや子育てラジオ、DVDなどをご覧頂き
そして今このサイトにたどり着いて下さっているはずです。

これまで僕の媒体でお伝えしたことを、素直に実践してくださった方でしたら
何かしら親子関係に良い変化が見られることを実感されているのではないでしょうか。

あなたのその経験は、
多くの子育てに悩むお母さん方にとって最高に貴重な価値です。

その1つ1つのお話が、
問題行動を起こしてしている子どもの人生を救うきっかけになると
信じておりますので
ぜひその体験談をシェア頂ければ幸いです。

あなたと共に正しい子育てを日本の常識にし、
生まれた瞬間から子ども目線の子育てが始まる世の中に
していきたいと思っております。

"子どもの問題行動が無い世界を作る"
それが僕の夢です。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメント58件

コメント58件





コメント内容


TOP